これからの広告には、「密」が重要に?

世の中には、数多の広告がありますよね。

テレビのCM、YouTubeの広告枠、新聞、etc…

その中の多くに、女優や俳優など、有名なインフルエンサーが使われていると思います。

確かに広告に出ている人の認知度は重要ですが、それ以外にも考えなければいけないことがあるみたいです。

「マイクロコミュニティ」という言葉をご存知でしょうか。

大学のサークルや、バイト仲間など、多くても数百人程度の小規模グループを指します。

量よりも質が重要視されているコミュニティ。それが、マイクロコミュニティです。

そのコミュニティを上手く使って、商品を広告しようと考える企業も、最近はあるのだとか。

有名人が使っているから、私も使いたい!を狙うものから、仲の良いあの人が言ってたから、使いたい!という方向性に移行しているのでしょうか。

確かに人は、周りが使っている物=いいもの、と認識しがちです。

その心理を上手く突いていると言えるでしょう。

更には、双方向の対話が出来ることも、マイクロコミュニティの良いところです。

実際に使用した人にレビューを聞き、それを参考にする。

営業ではなく、利用者目線で語られる情報を重視する人もいますからね。

モノや情報が溢れかえっている今、商品を作る人と使う人の距離感が重要になってくると思います。

以前は、サッポロビールの話を元に記事を書きました。

その記事はこちら

認知してもらうには、まずは少しのファンを作ることから。

将来営業をする時、このことを意識できていたらいいなぁ。